うなぎで美白とスタミナのW効果

うなぎときゅうりのポン酢和え

効 果:
美白
難易度:
★☆☆
時 間:
30分
材料(2人分):
・ウナギのかば焼き   100g
・きゅうり       1本
・みょうが       1本
・塩          一つまみ
・酒          小さじ1
・市販のポン酢しょうゆ 小さじ2
 (塩ポン酢でも良い)

作り方

1.

きゅうりはスライスしてボウルに入れておきます。

2.

みょうがは千切りにしておきます。

3.

きゅうりとみょうがをボウルの中で、一つまみの塩と揉み合わせます。

4.

うなぎは耐熱容器に乗せて、お酒を振りラップをかけてから電子レンジ(600W※)で1分ほど加熱します。
※500Wの場合は1分15秒くらい、700Wの時は50秒ほどを目安で。

5.

うなぎは縦半分に切ってから幅1.5cmに切ります。

6.

切ったうなぎをきゅうりの入ったボウルへ入れて合えます。

7.

お皿に合えた物を盛り、ポン酢を小さじ2杯かけて出来上がりです。

解説

暑くなってくると、街中でどこからともなくうなぎを焼くいい香りがして来たりします。
夏の土用の時期は暑さが厳しく夏バテをしやすい時期ですから、日本は昔からの風習で「精の付くもの」を食べる習慣があります。
うなぎには、ビタミンA、B、Eが豊富に含まれています。ビタミンAは目や肌によく、ビタミンBは美白や疲労回復に、ビタミンEは肌のシミシワの予防と、栄養が沢山含まれています。
また、きゅうりには血液をサラサラにする効果があり、暑さによる水分不足でどろどろ化してしまった血液をサラサラにするので、血色の良い顔色になっていきます。
補足ですがきゅうりだけではなく、明日葉や小松菜などの鉄分が多く含まれた食材と合わせると、夏場の生理時に起きがちな貧血などに効果がありますので、さらに必要な栄養素を摂取することができます。

<おすすめ記事>
肌トラブル別スキンケア「くすみ・キメ」
肌トラブル別スキンケア「シミ・そばかす」
夏(6月・7月・8月)の肌とスキンケア

ほかのレシピをみる・レシピ一覧

関連する製品