ゴボウの栄養で肌のくすみを解消しよう!

ゴボウの煮込みハンバーグ

効 果:
抗酸化、抗炎症、美白
難易度:
★★☆
時 間:
40分
材料(2人分):
・合挽き肉      260g
・ゴボウ       1本
・玉ねぎ       1/2個
・パン粉       大さじ2
・卵         1個
・塩         小さじ1
・コショウ      少々
・サラダ油      少々
・生クリーム     少々
・付け合わせ野菜   お好みで
(レタス、プチトマト、ブロッコリーなど)

~デミグラスソース~
市販のデミグラスソース 180cc
ケチャップ       大さじ1
牛乳          50cc

作り方

1.

ゴボウと玉ねぎをみじん切りにします。

2.

ゴボウと玉ねぎを中火で炒めます。

3.

ゴボウと玉ねぎに火が通ったら、ボウルにあけて粗熱を冷まします。

4.

熱が冷めたら合挽き肉、パン粉、玉ねぎ、卵、塩コショウを入れてよく捏ねます。

5.

粘り気が出るまで、捏ねたら、空気を抜きながら一つずつ形成し、バットに置いておきます。

6.

フライパンに油を敷いて、中火にかけます。温まったらハンバーグを乗せて焼きます。

7.

両面に焦げ目がついて、粗方焼け始めたら、ハンバーグをバットに移します。

8.

ハンバーグを焼いたフライパンにデミソース、ケチャップ、牛乳を入れてソースを作ります。

9.

フライパンにハンバーグを戻して、ソースがトロリとしてくるまで煮込みます。

10.

お皿に、付け合わせ野菜とハンバーグを盛りつけ、生クリームをかけて完成です。

解説

ゴボウには、サポニン、タンニン、クロロゲン酸といったポリフェノールが含まれています。
サポニン、クロロゲン酸は抗酸化力が強く、体内の血液をサラサラにしてくれる効果があり、肌の代謝が良くなっていくので、肌のくすみが気になるときに、ゴボウを摂取すれば美白効果が期待できます。
また、ゴボウに含まれるタンニンには抗菌、消炎作用があり、抗生物質無かった時代に消炎剤とし使われていたというくらいの薬効があります。だんだんと寒くなり、風邪を引くかも?と、寒気を感じた時には、冷え症も解消してくれる「ゴボウ」を多く摂ることをおすすめします。

<おすすめ記事>
肌トラブル別スキンケア「くすみ・キメ」
肌トラブル別スキンケア「シミ・そばかす」
秋(9月・10月・11月)の肌とスキンケア

ほかのレシピをみる・レシピ一覧

関連する製品