きな粉と豆乳のWイソフラボンで女性ホルモン倍増!

きな粉と豆乳のムース

効 果:
アンチエイジング、保湿
難易度:
★☆☆
時 間:
3時間
材料(2人分):
・きな粉     大さじ4
・豆乳(無調整) 200ml
・マシュマロ    80g
・砂糖      大さじ2
・黒蜜      お好みで

作り方

1.

豆乳と砂糖を鍋に入れたら、弱火にかけます。

2.

マシュマロを入れて、溶けるまでゆっくりかき混ぜます。

3.

マシュマロが全部溶けたら火を止めて、きな粉を入れて素早く混ぜ合わせます。

4.

鍋をボウルに張った冷水に浸けて、粗熱を取ります。

5.

粗熱が取れたら、容器に注ぎます。

6.

冷蔵庫で2~3時間冷やしたら、黒蜜をかけて出来上がりです。
※もし、市販の黒蜜が無い場合は、黒糖50g 砂糖50g 水50ccを中火で煮詰めると黒蜜が作れます。

解説

アンチエイジングと言えば、女性ホルモンが深く関係しています。
女性ホルモンの代表である「エストロゲン」ですが、大豆にはそのエストロゲンに良く似た作用があるイソフラボンがたっぷりと含まれています。
女性は30歳を過ぎた頃から、代謝も悪くなってきて太り始めたりします。
そして女性ホルモンも分泌されにくくなっていくので、コラーゲンヒアルロン酸などの肌の弾力をつかさどる成分が失われていき、老化が進行していきます。
肌を老化させないためにも、女性ホルモンの分泌を活発にさせましょう。
また、黒蜜の原料である黒糖にミネラルやカリウムなども豊富に含まれていますので、余ってしまった場合は、ホットミルクにきな粉と黒蜜を入れて「きな粉ラテ」などを作ると、美容と健康に良いホットドリンクができます。

<おすすめ記事>
肌トラブル別スキンケア「しわ・たるみ」
冬(12月・1月・2月)の肌とスキンケア

ほかのレシピをみる・レシピ一覧

関連する製品