牡蠣に含まれる栄養素で乾燥肌を改善!

牡蠣のチャウダー

効 果:
保湿、肌のハリアップ
難易度:
★★☆
時 間:
1時間30分
材料(2人分):
・じゃがいも      中2個
・人参         小1個
・玉ねぎ        小1個
・牡蠣         6個 
・グリーンピース    飾り程度
・クリームシチューの素 70g
・小麦粉        牡蠣にまぶす量
・サラダ油       大さじ1
・バター        5g
・水          80ml
・牛乳         400ml
・白ワイン       大さじ1杯
・塩コショウ      お好みで

作り方

1.

野菜の皮を剥いたら、サイコロ大に切っておきます。

2.

牡蠣は水気をキッチンペーパーで拭いておきます。

3.

フライパンを中火にかけ、サラダ油を敷きます。

4.

温まったフライパンに野菜を入れて、中火で炒めます。

5.

野菜に火が通ったらお鍋に入れ、水と牛乳を入れます。

6.

沸騰し始めたら、クリームシチューの素を入れ、弱火で煮込んでいきます。

7.

牡蠣に小麦粉をまぶしてから、フライパンにバターを入れて中火にかけます。

8.

バターが溶けたら、牡蠣を入れてソテーします。

9.

白ワインを入れて軽くフランベし、ワインのアルコールが飛んだら、ソテーした牡蠣をお皿に取り出しておきます。

10.

シチューを10分くらい煮込んだら、お皿に盛りつけます。

11.

牡蠣はシチューと合わせずに、あとから乗せます。※牡蠣が縮まない様に。

12.

グリーンピースを飾りに盛りつけます。
※グリーンピースが苦手な方は、お好みの青野菜を添えると見た目が鮮やかです。

解説

寒くなってくると、牡蠣が美味しい季節になりますね!
焼いてもフライにして食べても、とても美味しい貝です。
ふにゃふにゃしていて頼りない見た目ですが、実はとても栄養価が高く、牡蠣は美容にも良いサプリメントのような食べ物なのです。
牡蠣に含まれている亜鉛は、美容にも大事な栄養なのです。不足してしまうと、免疫機能が落ちて肌が荒れたり、味覚障害になってしまうこともあります。
牡蠣を食すことは身体の中から肌を守ることにもなり、さらにシミが薄くなったり美白効果も期待できます。
また、女性に多い悩みの、貧血・冷え症・便秘・基礎代謝の低下などの改善にも牡蠣は向いています。タウリンも豊富なので、疲れている時などに摂取することをお勧めします。
牡蠣のように白くてプリプリの肌を目指して、美味しく健康美肌を目指しましょう!

<おすすめ記事>
肌トラブル別スキンケア「しわ・たるみ」
冬(12月・1月・2月)の肌とスキンケア

ほかのレシピをみる・レシピ一覧