アイナソープ100<石けん>

ニキビ対策のピーリング石けん

ピーリング成分(グリコール酸)は1%配合。アイナソープ400の4分の1。
ニキビ予防のために、洗顔により古くなった角質を取り除き、毛穴の汚れを落とします。
植物性の石ケン素地を使用した枠練り透明石鹸で、穏やかに作用するピーリング石鹸です。
製品の酸化防止剤は、旧表示指定成分のエデト酸を使用せず、天然ビタミンE(トコフェロール)を使用。
着色料・香料・パラベン・蛍光剤・鉱物油・旧表示指定成分は使用しておりません。

肌の悩み:ニキビ、毛穴、くすみ・キメ

商品コード: A001

内容量:100g

¥2,700 (税込)

P

75 pt

カートに入れる

  • 使用方法
  • 全成分
  • その他情報
1.通常の石けんと同様に、水またはぬるま湯で良く泡立てます。
2.顔全体を泡で包み込むようにして洗顔し、その後、ぬるま湯で十分すすいでください。ニキビの気になる部分には泡でパックするように少し時間をかけて洗顔してください。
3.すすいだ後はローションや美容液で保湿してください。
石ケン素地(植物性)、、スクロース、グリセリンエタノール、グリコール酸Na、トコフェロール(天然ビタミンE)、ステアリン酸ソルビタン
製造販売元:アイアイメディカル 株式会社

よくあるご質問(この製品のQ&A数3件)

Q.ピーリング製品(石鹸、化粧水、キット)が数種類出ていますが効果が高い順を教えてもらえますか?
A.ピーリング製品の効果の差ですが、強い順に挙げますと、
1.MDピーリングキットAHAローション
2.ピールタイム1500
3.AHAクリアウォッシングフォーム
4.グリフォーム1300
5.ピールタイム500
6.アイナソープ400
7.アイナソープ100
となります。
洗顔タイプは基本的に毎日使用するもので、MDピーリングキットは5〜7日に一度の使用です。AHAクリアウォッシングフォームはピーリング力はありますが、低刺激処方ですので初めての方でも安心してお使いいただけます。
Q.セラ VCローション、アイナソープ400、セラ MDピーリングキッドの3つを一度に使う事はできますか?
A.ニキビケアとして化粧品レベルでは、ピーリング製剤(MDピーリングキットやピーリング洗顔料)と高濃度ビタミンC誘導体配合製剤(VCローション等)を組み合わせるのが一番効果的です。
アイナソープ400MDピーリングキットは両方とも古い角質を落とすピーリング作用があり、あまりピーリングをやり過ぎると落とす必要のない新しい角質まで落としてしまい、肌へ悪影響を及ぼすことがあります。ですので、通常はアイナソープ400MDピーリングキットのどちらか1品とVCローションを組み合わせてお使いいただくか、MDピーリングキットの使用間隔を7日以上の長めにとっていただくことをおすすめしております。
ご使用における注意点としましては、これらのアイテムは肌が乾燥しがちになるため、保湿力のあるモイスチュアミルクなどを併用してください。
Q.アイナソープを海外へ発送してもらえますか?
A.アイナソープ400などアイアイメディカル社製品は、アイアイメディカル社の方針により海外発送はしておりません。
もし海外へ送付をご希望でしたら、一旦、日本国内のご家族・お知り合いにご購入いただき、個人的に海外へ発送していただけますでしょうか。

もっとみる  この製品について質問する

この製品のタグ

  • ニキビ、
  • 洗顔、
  • 石けん、
  • ピーリング

化粧品用に使用される水は、特に表示がない場合は「純水」が用いられます。

通常の水道水には鉄やカルシウムなどの金属イオンや塩素イオンなどが含まれていますので、そのまま使用することはできません。
その水をイオン交換膜に通して、イオンを取り除くと水(H2O)だけの純水になります。
それをさらに紫外線やオゾンによって殺菌した水を化粧品用に使用します。

化粧品によっては水にも目的をもたせるために、特定の場所で採取された水(富士山の湧き水など)や特別に加工された水(水素添加など)などを使用することがあります。これらも水質基準に適合すれば配合可能です。

この製品の成分を成分辞典でみる

グリセリン

高い保湿力、湿潤性を持ち化粧品に幅広く配合されている成分です。

吸湿性があり空気中の水分を取り込み、保湿効果を高める性質(モイスチュアキャッチ効果)があります。
保湿剤の中では感触が重く、べとつきを感じるタイプのもので、しっかりと保湿するタイプのアイテムに良く配合されます。

グリセリンは、無色透明のシロップ状の粘稠性の液体で、匂いがなく、甘みがあります。3価のアルコールです。
高等植物や海草、動物などに広く含まれ、私たち人間も、皮下や筋肉などに「脂質」という形で蓄えられています。グリセリン骨格の3個の水酸基すべてに脂肪酸がエステル結合したものが「脂質」あるいは「油脂」と呼ばれています。

グリセリンには、ヤシの実などの「油脂」を原料とした天然グリセリンと、石油を原料とする合成グリセリンとがあります。通常、天然グリセリンは油脂を加水分解して得られる水溶液(甘水)を精製、濃縮し、粗製グリセリンを製造、さらに蒸留、精製して製品化する方法で生産されています。現在では資源の再生産の立場から世界的にも天然グリセリンが主流となっています。

その名前はギリシャ語のglykys(甘い)に由来し、1779年にスウェーデン人のK.W.シェーレがオリーブ油加水分解物の中から発見しました。
甘みがあるので、糖分を含まない甘味料としても使われています。
グリセリンは無害で生物分解も早いので、堆肥に加えて畑の腐植土作りに活用されています。
一般名、別名:1,2,3-プロパントリオール、グリセロール
INCI名:GLYCERIN

この製品の成分を成分辞典でみる

エタノール

主に、肌を引き締める収れん作用や殺菌作用、清涼感をだすために配合します。

皮脂や汚れ、色素などを浮かせて取り除くような拭き取り化粧水。水や油に溶けにくい香料などの成分を溶かすための可溶化剤としても使用されます。

一般的にエタノール、エチルアルコールと呼ばれます。無色透明の揮発性の液体で、様々な成分を溶かす作用に優れます。
医療用では殺菌用、食品では防腐用、お酒の原料となります。
薬用化粧品等の成分表示では「無水エタノール」と記載されている製品もあります。

化粧品用のアルコールは、サトウキビや甜菜などから作った糖蜜などを原料として、それを発酵して作ります。
純粋なエタノールはお酒の原料にもなりますので、酒税が適用され非常に高価なもになってしまいます。課税を避けるため飲用以外の用途で使われるエタノールには苦味成分などの添加剤を入れて飲めないようにした変性アルコールが使用されます。
一般名、別名:エチルアルコール
INCI名:ALCOHOL

この製品の成分を成分辞典でみる