セラ AHAクリアウォッシングフォーム<ピーリング洗顔料>

ニキビを防ぐピーリング洗顔フォーム

皮脂汚れや古い角質をしっかりと落としてニキビを予防する、フォームタイプのピーリング洗顔料。
ピーリング成分(グリコール酸)の作用を最大限に引き出すために、処方を最適化しました。ザラつきやくすみをケアし、なめらかでクリアな肌へ導きます。
すすぎは泡切れが良く、肌に洗浄料が後残りしません。さっぱりとした洗い上がりなのにつっぱらず、適度な保湿感があります。

無香料、無着色、防腐剤(パラベン・フェノキシエタノールなど)無配合。
天然オレンジ精油の香り。

肌の悩み:ニキビ、毛穴、シワ・たるみ、くすみ・キメ、敏感肌・ゆらぎ肌

商品コード: V018

内容量:120g

¥3,240 (税込)

P

150 pt

カートに入れる

みんなのレビュー:★★★★★ ( 6件 ) レビューをみる

このアイテムを含む製品:
  • 使用方法
  • 全成分
1.手のひらに約2cmとり、水またはぬるま湯で良く泡立てます。
2.顔全体を包み込むように洗顔し、その後、水またはぬるま湯で十分すすいでください。

*CELLA COSMETICS 泡立てネットを使いますと、簡単によりいっそうボリュームのある泡が作れます。
、ラウロイルグルタミン酸Na、BGグリコール酸ステアリン酸グリセリル(SE)、ミリスチン酸、ラウラミドDEA、水酸化Naジステアリン酸グリコール、ヒドロキシプロピルデンプンリン酸、ラウロイルメチルアラニンNa、アスコルビルリン酸Naヒアルロン酸Naグリコシルトレハロースパンテノールドクダミエキス加水分解水添デンプン、ラウリン酸、オレンジ油

この製品のポイント

1.ニキビを知ることはニキビを防ぐこと

皮膚細胞は常に体内で作られていき新しい皮膚と入れ替わります。それを肌のターンオーバー(新陳代謝)と言い、一般的に28日周期と言われています。古くなった皮膚(角質と呼ばれます)はどんどんと表面に押し出され、やがては垢として落ちていきます。
毎日の洗顔を怠ったり、雑な洗顔を行っていると、落としきれていない古い角質は硬くなり、余分な皮脂や汚れを毛穴に閉じ込めたまま剥がれにくくなり、正常なターンオーバーが行われなくなります。
ふさがれた毛穴には、分泌された皮脂がうまく排出されず溜まっていきます。肌にはアクネ菌と呼ばれる皮脂を好んで食べる常在菌がいて、皮脂溜まりにはアクネ菌が繁殖しやすく、アクネ菌やアクネ菌の排泄物が炎症を引き起こし、赤く腫れたニキビとなります。炎症が酷くなると周囲の細胞にも悪影響を与え、ニキビ跡が黒ずんだり、陥没したクレーター状になることもあります。
このようにニキビの成り立ちを知ると、日々作られている「古い角質を落として皮脂を溜めないこと」がニキビを防ぐ上でとても重要であることがわかります。

<おすすめ記事>
肌トラブル別スキンケア「ニキビ」

2.ピーリング成分「グリコール酸」の能力とは?

古い角質は毛穴の詰まらせるだけでなく、有効成分の浸透も妨げています。グリコール酸が古い角質を落とすということは、後につけるVCローションなどに配合のビタミンCやその他の有効成分が浸透しやすくなり、効果のアップが期待できます。
また、古い角質には「メラニン色素」という黒色の色素が含まれていて、日焼けの小麦色の肌やシミ、くすみの元となっています。ニキビ跡の黒ずみにもメラニン色素が多く存在しています。ピーリングでは古い角質に含まれているメラニン色素も同時に落ちるためニキビ跡やくすみのケアにもなります。
さらに、グリコール酸は肌の弾力をアップする働きもあり、陥没毛穴やクレーターニキビ跡ケアになります。
通常の洗顔料は皮脂汚れを落とすだけでカサつきやごわつきが残りがちですが、AHAクリアウォッシングフォームを使い続けるとカサつきもなくなり、なめらかで柔軟性のある肌になっていきます。

3.ニキビができにくい肌サイクルをキープ

朝晩ピーリング洗顔行うことで、日々少しずつ積み重なっていく角質がきれいに取り除かれ、毛穴に詰まった皮脂も排出でき、肌の正常なターンオーバーを保つことができます。
しかし、きれいに洗うことに一生懸命になり力任せにゴシゴシ洗うことは肌を傷つけ、肌荒れの原因となり逆にニキビを増やしかねません。泡立てネットを使ってしっかりとした細かい泡を作り、泡の厚みで洗うイメージで顔の中央から外側に向かってやさしく洗うようにします。鼻、おでこなど脂ぎったところは重点的に。すすぎは必ずぬるま湯で、髪の毛の生え際など洗顔料が残らないように十分すすぎます。入浴時でもボディシャンプーは保湿剤などが入っていますので、面倒でも身体と一緒に顔を洗わず、洗顔料を使うようにしましょう。
ニキビをつくらせないようにするためには、毎日のきちんとした洗顔でターンオーバーを正常に維持することが大切です。AHAクリアウォッシングフォームはチューブ容器なので、旅行にも携帯しやすく、休むことなくニキビケアができます。

<おすすめ記事>
洗顔のポイントと使用方法

ページの先頭へ

みんなのレビュー

りょうの母 ★★★★★

洗い流す時にすぐにツルツルした感触がわかり、とても気に入っています。最近、思春期の息子に横取りされる事が多くなり、購入単位が2本ずつになりました(笑)

DATE:2016.03.17

0 人中、0 人のお客さまが参考になったと投票しました。

coco111 ★★★★★

毎日の洗顔でピーリングが出来るのでニキビ予防に役立っています。

DATE:2016.02.08

0 人中、0 人のお客さまが参考になったと投票しました。

ともママ ★★★★★

毎日の洗顔でピーリングが可能と聞いてニキビ予防に購入、娘が使うので減りが早くてまた注文ます。

DATE:2015.08.20

0 人中、0 人のお客さまが参考になったと投票しました。

しょーこ ★★★★★

毎日の洗顔でピーリングが出来るのでニキビ予防に役立っています。洗い上がりのツルツルほっぺたを触るとキレイになっていくんだ〜と嬉しくて効果倍増かも??!

DATE:2015.08.17

1 人中、1 人のお客さまが参考になったと投票しました。

トリック ★★★★

使いやすい。これからも使うつもり。

DATE:2015.10.10

0 人中、0 人のお客さまが参考になったと投票しました。

ryo ★★★★

毎朝毎晩、使っているが洗顔後にツルツルするのがよくわかってよろしい。泡立て用のネットを使ったほうがbetter.

DATE:2015.08.28

0 人中、0 人のお客さまが参考になったと投票しました。

もっとみる

ページの先頭へ

よくあるご質問(この製品のQ&A数2件)

Q.ピーリング製品(石鹸、化粧水、キット)が数種類出ていますが効果が高い順を教えてもらえますか?
A.ピーリング製品の効果の差ですが、強い順に挙げますと、
1.MDピーリングキットAHAローション
2.ピールタイム1500
3.AHAクリアウォッシングフォーム
4.グリフォーム1300
5.ピールタイム500
6.アイナソープ400
7.アイナソープ100
となります。
洗顔タイプは基本的に毎日使用するもので、MDピーリングキットは5〜7日に一度の使用です。AHAクリアウォッシングフォームはピーリング力はありますが、低刺激処方ですので初めての方でも安心してお使いいただけます。
Q.AHAクリアウォッシングフォームに配合のグリコール酸の濃度は何パーセントですか?
A.AHAクリアウォッシングフォームのグリコール酸濃度は5%です。

もっとみる  この製品について質問する

スキンケア事典([セラ AHAクリアウォッシングフォーム]に関する項目数30件)

もっとみる

この製品のタグ

  • ニキビ、
  • 毛穴、
  • アンチエイジング、
  • 美白、
  • くすみ・キメ、
  • 敏感肌・ゆらぎ肌、
  • 乾燥肌、
  • 角質、
  • 低刺激、
  • アトピー、
  • シミ、
  • シワ、
  • メラニン、
  • 皮脂、
  • 角栓、
  • ニキビ跡、
  • 洗顔、
  • 洗顔フォーム、
  • ピーリング、
  • ビタミンC誘導体、
  • グリコール酸、
  • ヒアルロン酸、
  • 植物エキス、
  • メンズ

化粧品用に使用される水は、特に表示がない場合は「純水」が用いられます。

通常の水道水には鉄やカルシウムなどの金属イオンや塩素イオンなどが含まれていますので、そのまま使用することはできません。
その水をイオン交換膜に通して、イオンを取り除くと水(H2O)だけの純水になります。
それをさらに紫外線やオゾンによって殺菌した水を化粧品用に使用します。

化粧品によっては水にも目的をもたせるために、特定の場所で採取された水(富士山の湧き水など)や特別に加工された水(水素添加など)などを使用することがあります。これらも水質基準に適合すれば配合可能です。

この製品の成分を成分辞典でみる

BG

肌の潤いを保つ保湿作用があり、それが長く続きます。

グリセリンよりもさらっとした使用感でべたつきも少なく、保湿性、湿潤性があります。空気中の水分を取り込む性質があるため、肌の潤いが持続します。
エタノールのような抗菌性もあり、防腐剤と併用すると相乗効果が期待できるので、様々な化粧品に幅広く用いられています。

また、肌に有効な成分の溶解性に優れるので、植物抽出液の溶媒としてエタノールとともに非常に良く利用されます。
とろみのある無臭で無色透明の液体。二価アルコールで、、アルコール類、脂肪酸などに対して優れた分散性、溶解性を持ちます。アルコール類ですがエタノールなどに比べて肌への刺激は少ない成分です。
一般名、別名:1,3-ブチレングリコール、1,3-ブタンジオール(1,3-Butanediol)
INCI名:BUTYLENE GLYCOL

この製品の成分を成分辞典でみる

グリコール酸

セラに配合している主要成分の一つです。

角質剥離作用(ピーリング作用)に優れる成分です。

α-ヒドロキシ酸(AHA)の中で最も分子量が小さく、角質層の浸透に優れています。リンゴやグレープフルーツなどに多く含まれる酸のためフルーツ酸とも呼ばれます。
白色の粉末で水によく溶け、酸性の水溶液になります。

ニキビ、吹き出物
グリコール酸は通常の洗顔では落としきれない古い角質をおとす作用があります。
肌表面には0.02~0.03mmという薄さの古い細胞が層になった「角質層」があります。この角質層が厚くなると毛穴を塞ぎ皮脂が溜まるようになりニキビの原因になります。
グリコール酸により毛穴を塞ぐ古い角質が取り除かれると、皮脂の排出が促進されることにより、ニキビの改善、予防になります。特に毛穴がふさがってできているニキビには有効です。また、アクネ菌を除去する効果もあります。

くすみシミニキビ跡、色素沈着、美白
角質細胞は黒色メラニン色素を多く含むために、くすみシミニキビ跡の原因にもなります。
グリコール酸により古い角質(黒色メラニン)を取り除くことによって肌のトーンが明るくなります。
また、細胞分裂が活発化し皮膚の再生力も高まるので、表皮中のメラニンの代謝が促進され、軽度のシミや色素沈着などは改善される可能性があります。
さらに、チロシナーゼ活性抑制作用もあり黒色メラニンの生成が抑制されます。

毛穴の目立つ肌、肌のキメ、化粧ノリ、浸透力アップ
グリコール酸のピーリング作用により毛穴の出口の角質やケバ立ちなどが取り除かれ、毛穴や凸凹が目立たなくなり、つややかで滑らかな肌になります。肌のターンオーバーが促進された結果、角層セラミド含有量も増して水分保持機能が改善します。
有効成分の浸透を妨げる古い角質が取り除かれることにより、例えばセラ VCローションビタミンC誘導体のように、次に使う化粧アイテムの浸透がよりアップします。

しわ、たるみ陥没(凹型)ニキビ跡 乾燥により角質が硬くなったり、新陳代謝の低下により角質層が厚くなることで、皮膚の柔軟性が失われ小じわが生成します。その古い角質がとれ、皮膚表面が柔らかく滑らかになり小じわが目立たなくなります。
また、角化細胞からコラーゲン産生を促進する因子放出を促すためコラーゲン産生が促進、表皮および真皮の厚さを増すようになり、肌にハリを持たせ加齢によるしわを改善します。


※グリコール酸の配合濃度や製剤に配合されているグリコール酸以外の成分の影響によりピーリング効果に差が生じるので、きちんとした効果のある製剤を使用するようにしてください。
INCI名:GLYCOLIC ACID

この製品の成分を成分辞典でみる

ステアリン酸グリセリル(SE)

クリームや乳液の剤形を安定化させる非イオン性の乳化安定剤、可溶化剤です。石けんやシャンプー、歯磨きなど幅広く配合されます。

グリセリンと大豆油やパーム油脂から得られるステアリン酸を結合させて作られる非イオン界面活性剤です。
乳化、分散、浸透作用に優れ、乳化の安定性を高める補助剤として使われます。
食品添加物としても認可されている安全性の高い成分です。



※界面活性剤・乳化剤とは、
水と油の境目「界面」に作用して、水に油を溶かし込んだり、水と油を懸濁(クリームや牛乳のように濁った状態)させる成分です。一つの分子の中に、水になじみやすい親水性の部分と、油になじみやすい親油性の部分を持っていて、水と油が混じり合う仲立ちをします。
粉体などの固体と水や油の境目も界面と言い、同様に界面活性剤を用いて液体の中に固体を綺麗に分散させることもあります。

界面活性剤は、水に溶かした時にプラスとマイナスに分かれイオンとなるイオン性界面活性剤と、イオンにならずそのまま溶解する非イオン(ノニオン)性界面活性剤に大きく分類されます。イオン性界面活性剤はさらに、陰イオン(アニオン)界面活性剤、陽イオン(カチオン)界面活性剤及び両性界面活性剤に分類されます。
活性剤分子の中の親水性の部分と親油性の部分の形状、大きさによって、相性の良い油や有効成分などがあり、それが活性剤の個性となります。化粧品には一種類の活性剤ではなく、数種類の活性剤を配合するのが一般的です。

石けんや洗顔料に配合している活性剤は皮脂汚れを落とす作用の強いイオン性界面活性剤が、乳液やクリームには油分や有効成分を安定的に溶解、分散し、かつ安全性の高い非イオン性界面活性剤が使用されます。
界面活性剤は化粧品だけでなく、マーガリンやドレッシングなどの食品や目薬などの医薬品、ペンキや糊などの工業製品など幅広く使用されています。
一般名、別名:ステアリン酸グリセリル
INCI名:GLYCERYL STEARATE SE

この製品の成分を成分辞典でみる

水酸化Na

強アルカリの成分です。
化粧品のpHを調節します。

ステアリン酸、ミリスチン酸などの脂肪酸を鹸化させて、石けんにします。
カルボマー(カルボキシビニルポリマー)に添加してゲルを作ります。
一般名、別名:水酸化ナトリウム、苛性ソーダ、NaOH
INCI名:SODIUM HYDROXIDE

この製品の成分を成分辞典でみる

ジステアリン酸グリコール

主に、シャンプーやリンス洗浄剤の乳化安定化、増粘剤として使用されます。
シャンプーにパール光沢を与えます。

グリコールに2つのステアリン酸がエステル結合した、親油性の高いジエステルです。
淡黄白色フレーク状でわずかに特有の匂いがあります。融点は60〜65℃。
一般名、別名:ジステアリン酸エチレングリコール、エチレングリコールジステアレート
INCI名:GLYCOL DISTEARATE

この製品の成分を成分辞典でみる

アスコルビルリン酸Na

不安定で壊れやすいビタミンCにリン酸をエステル結合させて、ビタミンCの効果を保ちつつ、長期的に分解されにくくした成分です。「水溶性ビタミンC誘導体」とも呼ばれます。 セラに配合している主要成分の一つです。
白色粉末で水によく解けます。
リン酸アスコルビルMgとの違いは、結合している金属イオンがNa(ナトリウムイオン)であるということで、肌への作用は基本的に同じです。

主に4つの作用があります。
・皮脂の分泌抑制作用(ニキビケア)
・抗酸化作用(ニキビケア・美白作用・アンチエイジング作用)
メラニン色素生成抑制作用、メラニン色素の還元(無色化)作用(シミくすみ対策、美白作用・ニキビ跡ケア)
コラーゲンの生成促進(アンチエイジング作用、ニキビ跡ケア、傷ケア)


・皮脂の分泌抑制作用(ニキビケア)
ニキビの原因の一つと言われる過剰な皮脂の分泌を抑えることにより肌のテカりやニキビを防ぎます。
化粧品には5%以上の濃度で配合することによりニキビを防ぐ効果が期待でき、セラ VCローションには7%配合されています。

・抗酸化作用(ニキビケア・美白作用・アンチエイジング作用)
アクネ菌から出るポルフィリンという物質に紫外線が当たると活性酸素が発生します。その活性酸素は皮脂を酸化して角栓(コメド)の元になり毛穴を詰まらせ、ニキビの原因となります。
また、活性酸素は肌を攻撃するために炎症が引き起こされ、赤く腫れたニキビができやすくなります。
ビタミンCには、紫外線や肌の炎症によって発生する活性酸素を消去したり、酸化された皮脂などを還元する抗酸化作用(SOD様活性)があります。

メラニン色素生成抑制作用、メラニン色素の還元(無色化)作用(シミくすみ対策、美白作用・ニキビ跡ケア)
活性酸素はメラノサイト(メラニン細胞)中のチロシナーゼ酵素を活性化させます。活性化したチロシナーゼはメラニン色素生成を促進することにより、シミやソバカスを作り出します。
ビタミンCには、チロシナーゼ酵素の活性化を抑える作用がありメラニン色素を少なくすると同時に、黒色メラニン色素を還元して無色化する美白作用があります。

コラーゲンの生成促進(アンチエイジング作用、ニキビ跡ケア、傷ケア)
ビタミンCはタンパク質(コラーゲン線維)合成の時の立体構造を作り出すのに必要な成分で、肌の弾力アップには欠かせません。 ニキビや創傷の回復が早くなります。陥没したニキビ跡ケアにもお勧めの成分です。
また、コラーゲン分解酵素抑制効果にも優れるため、シワができにくくなります。


SOD様活性とは、
SODはスーパーオキシドディムスターゼ(Superoxide dismutase)と言う酵素の名称で、活性酸素を酸素と過酸化水素へ分解する作用があります。 SODと言う酵素と同じような活性酸素を消去する作用があることをいいます。

※フリーラジカル(主に活性酸素)とは、
酸素は通常2つの酸素原子がくっついて酸素分子O2として空気中などに存在します。
その酸素分子に紫外線や電磁波などのエネルギーが加わったりすると、原子状態の酸素(O・)や電子状態が不安定な高いエネルギーを持つ酸素分子(O2・-、HO・)となり、それを活性酸素と呼びます。
非常に反応性が高く、生体内では白血球の殺菌作用など多くの生理現象に関与します。有効な作用がある反面、細胞を直接的あるいは間接的に傷つけ、老化の一因をつくります。
フリーラジカルは他の気体分子(チッ素や塩素など)や有機化合物でも発生しますが、老化に係わるフリーラジカルは主に活性酸素となります。
一般名、別名:水溶性ビタミンC誘導体、APS
INCI名:SODIUM ASCORBYL PHOSPHATE

この製品の成分を成分辞典でみる

ヒアルロン酸Na

べとつかず、さらっとした感触の保湿成分です。
ヒアルロン酸は人の皮膚細胞にも存在し、たった1gで約6Lもの水分を抱え込むといわれる高保水性の高分子ムコ多糖類です。

ヒアルロン酸は肌に吸着して、その高い保湿力がなめらかな肌触りを作り、しっとりとした潤いを与え続けます。
皮膚の細胞間に多く存在していて、肌内部でも作られています。加齢などによりヒアルロン酸が減少すると肌がたるみ、弾力が失われて、シワができやすくなります。

ヒアルロン酸はグリコサミノグリカン(ムコ多糖類)の一種で、N-アセチル-D-グルコサミンとD-グルクロン酸という二糖によって直鎖状の構造をとっています。
皮膚以外には目(硝子体)、関節などに多く存在します。
一般名、別名:ヒアルロン酸
INCI名:SODIUM HYALURONATE

この製品の成分を成分辞典でみる

グリコシルトレハロース

保湿作用、肌保護作用があります。

グリコシルトレハロースは、角質層の水分保持機能に働きかけ、乾燥ダメージから細胞を保護する高保湿成分です。
保湿効果が高く、刺激緩和作用があり、紫外線によるダメージから保護したり、肌荒れを抑制する働きがあるので、スキンケア商品に適しています。
さらに、細胞賦活、細胞保護作用、SOD様活性などがあります。
また、グリコシルトレハロースを配合することにより泡立ちもよく、きめ細やかな弾力のある泡ができるのでボディーソープなどに使われることもあります。

トウモロコシデンプンなどの天然由来成分で多糖類の一種です。2つのα-グルコース(ブドウ糖)が1,1-グリコシド結合してできた二糖類の一種です。

SOD様活性とは、
SODはスーパーオキシドディムスターゼ(Superoxide dismutase)と言う酵素の名称で、活性酸素を酸素と過酸化水素へ分解する作用があります。
SODと言う酵素と同じような活性酸素を消去する作用があることをいいます。
INCI名:GLYCOSYL TREHALOSE

この製品の成分を成分辞典でみる

パンテノール

肌に良く浸透する成分で、肌荒れ、小じわ、傷の回復を早めます。加齢による肌の衰えを防ぐ効果などがあります。

ビタミンB群のパントテン酸のアルコール誘導体でプロビタミンB5とも呼ばれます。
皮膚の細胞を活性化させる働きがあり、新陳代謝を促進し、さらに、コラーゲン生成に必要なビタミンCの働きを助けます。
過酸化脂質生成も防ぐので、ニキビケアにも有効です。

育毛促進効果もあるので、育毛や養毛、脱毛やカユミ防止などを目的とした頭髪用化粧品にも配合されています。
プロビタミン (Provitamin) は体内でビタミンに変化する物質で、プロビタミンB5は体内でパントテン酸(ビタミンB5)に変化します。
パントテン酸は、納豆、レバー、魚類、卵などに含まれます。
水によく溶ける無色で粘性のある液体です。
一般名、別名:ビタミンB5
INCI名:PANTHENOL

この製品の成分を成分辞典でみる

ドクダミエキス

抗菌、抗酸化作用があり、肌荒れを防ぎます。

ブドウ状球菌、白癬菌、抗酸化性細菌などに対する抗菌作用、制菌作用があります。
抗アレルギー作用、ヒスタミン遊離抑制作用もあります。
フラボノイドも含まれており、血管拡張作用や毛細血管強化作用もあります。入浴剤として皮膚病等にも用いられてきました。

ドクダミはドクダミ科ドクタミ属の多年草で本州、四国、九州、沖縄および台湾、中国、インドネシアなどに分布し、山野や庭などの湿った日陰に生えます。
薬効が多いので十薬(重薬)と呼ばれ、古くから民間薬として生薬や煎汁を消炎薬として用いたり、外傷、化膿、腫れ物、水虫の患部に用いられてきました。飲用としてドクダミ茶が有名です。
ドクダミの名前の由来は、その特有の臭気により毒が溜まっている(毒溜め)のでは?というところから変化したものと言われています。


※植物抽出液(抽出物)とは、
梅酒作りをイメージしていただくと理解しやすいでしょう。
原料の薬草の葉や根を梅の実、焼酎やブランデーをBGエタノールとしてみてください。梅の風味や成分が焼酎に溶け込むように、BGエタノールに植物の花や葉、根などの有効成分を溶かし込みます。
梅酒は浸けておくだけですが、植物により煮出したり、圧力をかけて絞り出したり、ろ過するなどの工程を経て最適な状態(液体、粉体など)で取り出します。
INCI名:HOUTTUYNIA CORDATA EXTRACT

この製品の成分を成分辞典でみる

加水分解水添デンプン

保湿作用、肌荒れを防ぎ肌を保護する作用があります。

デンプンを酵素で加水分解した糖質に水素を添加して安定性を高めた成分です。長時間水分を保持して乾燥から肌を守ります。
INCI名:HYDROGENATED STARCH HYDROLYSATE

この製品の成分を成分辞典でみる

オレンジ油

さっぱりとしたフレッシュな香りがある天然の精油。
疲れや緊張をときほぐし、明るく爽やかにしてくれます。

リラックス作用、保湿効果、皮膚の活性化作用、洗浄作用があります。
柑橘類(かんきつるい)の皮に含まれているオイルで、主成分はリモネンです。


※テルペン類 (terpene)
植物、果実、花の香りなど、香油、エッセンシャルオイルの香り成分です。
リモネン(limonene)は単環式モノテルペノイド(テルペン)の一種で香りを構成する成分です。
イソプレンを構成単位とする炭化水素。植物や昆虫、菌類などによって作り出される生体物質です。もともと精油の中から大量に見つかった一群の炭素10個の化合物に与えられた名称で、そのため炭素10個を基準として体系化されています。
一般名、別名:オレンジオイル
INCI名:CITRUS AURANTIUM DULCIS (ORANGE) OIL

この製品の成分を成分辞典でみる