スキンケア事典

No.01-02 肌表面の構造

肌の表面は平らではなく、細かい皮溝という溝によって刻まれ、その皮溝に囲まれた部分を皮丘といいます。
皮溝と皮丘でできた編目模様は「キメ」と呼ばれています。
皮溝が細く、きれいに並んで表面に凸凹が少ない状態は「キメが細かい肌」ということになります。
キメの細かさは遺伝的な要素が大きいですが、一般的に男性より女性のほうがキメが細かく、男女ともに季節や体調、老化、スキンケア方法によっても変化します。

スキンケア事典トップ