スキンケア事典

No.06-04 日焼け止め「紫外線吸収剤(ケミカル)」と「紫外線散乱剤(ノンケミカル)」

主に有機化合物。紫外線のエネルギーを紫外線吸収剤が吸収し、熱エネルギーに変換させ、肌表面から放出させる成分です。
【よく配合される成分】t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン、オキシベンゾン-3、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル など

メリット
・無色透明で白浮きがない
・配合したときの使用感がなめらか

デメリット
・吸収できる紫外線の量に限界があるため、こまめなぬり直しが必要
・肌の上で一部が化学反応を起こして変質し、刺激となることも

主に粒子粉体。肌表面で紫外線を反射・散乱させる成分です。
【よく配合される成分】酸化チタン、酸化亜鉛 など

メリット
・肌への刺激が少ない

デメリット
・白い粉状の成分が配合されているため、白浮きしやすい
・粉っぽくなったり、皮脂や水分を吸収するため、肌が乾燥することも

セラ コスメティックスでは、比較的肌に負担の少ない紫外線散乱剤(ノンケミカル)タイプの日焼け止めをおすすめしています。

スキンケア事典トップ