成分辞典

サンザシエキス

乾燥を防いで肌のキメを整えます。保湿作用、くすみ対策、美白作用、収れん作用があります。

サンザシに多く含まれているサポニン、カテキン(フラボノイドの一つ)、ビタミンCは高い抗酸化、抗老化作用があり、優れたエイジングケア、美白成分と言えます。
また、クエン酸、ミネラル分が豊富で収れん作用、肌荒れ防止作用などがあります。

バラ科の植物のサンザシ(山査子。落葉性の低木)の葉、花、果実から取れるエキスです。
クラテガル酸やプロテナーゼ、アミラーゼなどの消化酵素を含有していて、漢方では健胃、消化促進、整腸薬として消化不良、食欲不振、下痢などに用います。


※ポリフェノール、フラボノイド
5,000種類以上もの類似した作用を持つ成分の総称です。
種類によってそれぞれ作用が違いますが、肌への主な作用として、抗酸化作用、収れん作用、消臭作用、美白作用などがあります。
ほとんどの植物に存在し、光合成によってできる植物の緑、青紫、赤、茶色などの色素や苦味の成分の総称です。
緑の葉、秋の紅葉、赤ワインの赤色、カカオやコーヒーの茶色、イチゴやブルーベリーの色素、紫芋の紫色、柿の渋味成分、ウコンの黄色などポリフェノールは数千種類あると言われています。
古くから使用されてきましたが、近年、抗酸化作用が注目され、エイジングケア成分として食品や化粧品に積極的に配合されるようになりました。
動脈硬化や脳梗塞を防ぐ抗酸化作用、ホルモン促進作用が向上、消化器や代謝疾患を改善すると言われています。
ポリフェノールとフラボノイドは厳密に言えば定義が違いますが、ほぼ同じ成分の事を言っていると考えて差し支えありません。

※植物抽出液(抽出物)とは、
梅酒作りをイメージしていただくと理解しやすいでしょう。
原料の薬草の葉や根を梅の実、焼酎やブランデーをBGエタノールとしてみてください。梅の風味や成分が焼酎に溶け込むように、BGエタノールに植物の花や葉、根などの有効成分を溶かし込みます。
梅酒は浸けておくだけですが、植物により煮出したり、圧力をかけて絞り出したり、ろ過するなどの工程を経て最適な状態(液体、粉体など)で取り出します。

INCI名:CRATAEGUS CUNEATA FRUIT EXTRACT

成分辞典トップ

この成分が配合されている製品

この成分が配合された製品は現在取り扱っておりません。