成分辞典

レシチン

保湿効果が高く、角質柔軟作用があります。

人体の細胞中に存在するために肌なじみがよく、肌への密着性、有効成分の肌への浸透性を高める効果に優れています。

乳化作用があるため天然由来の界面活性剤としてクリーム、乳液などに使用されることがあります。ただ、経時的に酸化されやすく変色、変臭の原因となるために、化粧品には水素添加して安定化したレシチンがよく使われます。

元々はリン脂質の一種であるホスファチジルコリンの別名でしたが、現在ではリン脂質を含む脂質製品のことを総称してレシチンと呼んでいます。グリセロリン脂質の一種で動植物すべての細胞中に存在している、生体膜の主要構成成分です。
原料によって分類され、卵黄を原料とするものは「卵黄レシチン」、大豆を原料とするものは「大豆レシチン」と呼ばれます。

INCI名:LECITHIN

成分辞典トップ

この成分が配合されている製品

  • スキンケア辞典
  • 成分辞典
  • 営業日

    2021.11

    1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30

    2021.12

    1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31

    お知らせ:  ※土日祝日の発送はお休みしております。お問い合わせも、翌営業日の対応となります。ご了承下さい。 ※緊急事態宣言発令につき8月22日まで火曜日、木曜日の発送はお休みしております。

  • よくあるご質問