くすみ・キメ  Dullness,Texture

見た目の印象と手ざわりに差がでる
肌色がくすんで、色ムラがあり、透明感が感じられない…。
手でふれると、ざらざら、ゴワツキがあってなめらかさがない…。
肌にくすみがあったり、キメが粗くなっているとメイクのノリが悪くなり、パッと顔を見たときの華やかさが欠けてしまいます。
肌の透明感や色つやは、肌の表層に入ってから出てくる光と肌表面を反射する光が合わさって見えることによります。
光り輝くような美しい肌を手に入れるためには何をすれば良いでしょうか。

まずは、メラニンの沈着とターンオーバーの乱れを改善
肌の色は角質層にあるメラニン色素 や肌の毛細血管の血流の量によって決まります。
肌がくすんで見えるのは、紫外線や炎症など影響で表皮中のメラノサイトが活性化して黒色のメラニン色素が増えてしまったり、加齢や新陳代謝の低下によって血行が悪くなっていることによります。メラニン色素を含んだ古い角質が正常に落ちず、角質層が厚くなっていることも原因の一つです。
また、乾燥や肌荒れよって古い角質がケバだった状態になると肌がガサガサしてきますし、乾燥状態が続いたり加齢によって肌の弾力が失われていくと小ジワが増えて、キメが粗くなってきます。その状態では肌表面で光が乱反射したり、影ができてしまい、肌が明るくきれいに見えません。
メラニン色素が少なく、血行の良い肌に光が差し込むと、光はほのかな赤みを帯びて出てきます。キメの整っている肌は角質層がなめらかで、細胞がきれいに並んでいるので、光が美しく反射します。そのため、透明感のあり色つやの良い肌に見えるのです。

内と外、同時にケアすることによる相乗効果
くすみ、キメ対策はアンチエイジング対策と言っても過言ではありません。肌ばかりに注目せずに、生活習慣や食生活の改善に取り組むのが、身体全体の新陳代謝の改善、血行促進などに繋がり、くすみやキメ対策となり、取りも直さずアンチエイジングになります。
抗酸化作用があるポリフェノールを多く含む赤ワインや緑茶、ココア、コーヒー、トマト、女性ホルモンに似た働きをするゴマリグナンを含む胡麻、同じく女性ホルモン様のイソフラボンを含む大豆食品(豆腐、納豆など)、血行促進、抗酸化作用のビタミンEは食用油や種子(アーモンド、ヒマワリの種)などを意識して食生活に取り入れること。
睡眠時間を十分にとる、適度なスポーツなどでストレス解消とともに体力アップ、趣味に打ち込んだり気持ちをポジティブに持つことも重要です。
喫煙は一酸化炭素による血行不良を引き起こし、活性酸素による細胞やコラーゲン繊維の酸化、破壊、タール物質による発癌の危険性など、エイジングケアでなくても絶対に避けてください。

身体を内側から若々しく導くのと同時にスキンケアにも力を入れたいところとして、「肌のキメを整える」、「メラニン色素を淡色化したり作らせない」、「新陳代謝を整える」という3つのポイントが重要です。

■光を散乱させる肌のケバ立ち、小ジワにピーリングを行って肌のキメを整えます。
古い角質(ケバ立ちなど)を取り除くと肌の凸凹がフラットになり光がきれいに反射するようになります。また、角質に含まれるメラニン色素が取り除かれるため、肌のくすみも取れていき、肌自体が明るいトーンになっていきます。毎日のお手入れには、洗顔をしながら穏やかにピーリングができる「セラ AHAクリアウォッシングフォーム」、5〜7日置きのスペシャルピーリングに「セラ MDピーリングキット」を使うと、荒れた肌のキメが徐々に整っていき、新陳代謝も正常化してつやのある肌がよみがえります。

■メラノサイトの活性を抑える。
高濃度に配合したビタミンCの還元作用(酸化したものを元に戻す作用)は、暗い肌色を作りだす黒色メラニン色素を淡色化して肌を明るくしていきます。また、黒色メラニン色素を作り出すために「チロシナーゼ」という酵素が深く関わっていますが、ビタミンCはこのチロシナーゼの活性を強力に抑えるので、作られるメラニン色素の量が少なくなります。
こうしたビタミンCの作用が期待できるアイテムが「セラ VCローション」「セラ C2エッセンス」「セラ リニューイングソリューションAP+」「ユウラ ストレーテストセラム」です。
また、荒れた肌はビタミンCなどの有効成分が浸透しにくくなっています。浸透しにくい時にはブースター作用のあるアイテムを組み合せることによって、より効果が高まります。有効成分の浸透を促進するブースター成分「ザクロ果実エキス」を配合した「ユウラ ストレーテストトナー」は肌環境を整え、肌に有効成分を受け入れる肌を作ります。

■紫外線をブロックしてメラニン色素を作らせない。
活性化してしまったメラノサイトや作り出される黒色メラニン色素を淡色化するのは容易ではありません。一歩先を行くスキンケアは「予防」に重点を置くべきです。
ダーマメディコ UVプロテクトクリーム」はSPF30、PA++と日常生活に十分な日焼け止め効果があり、メラノサイトが活性化するのを抑え、シミやソバカスの増加を防ぎます。また、「ダーマメディコ UVプロテクトミルク」はSPF50、PA++++と高い紫外線カット効果があるので、外出が多い日や紫外線の強い季節などにおすすめです。
ともにスキンケアを重視した処方は紫外線だけでなく、肌荒れを防ぎ、なめらかな肌を保ちます。

くすみ・キメに効果的な製品(人気順)

  • スキンケア辞典
  • 成分辞典
  • 営業日

    2021.10

    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31

    2021.11

    1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30

    お知らせ:  ※土日祝日の発送はお休みしております。お問い合わせも、翌営業日の対応となります。ご了承下さい。 ※緊急事態宣言発令につき8月22日まで火曜日、木曜日の発送はお休みしております。

  • よくあるご質問