成分辞典

ドクダミエキス

抗菌、抗酸化作用があり、肌荒れを防ぎます。

ブドウ状球菌、白癬菌、抗酸化性細菌などに対する抗菌作用、制菌作用があります。
抗アレルギー作用、ヒスタミン遊離抑制作用もあります。
フラボノイドも含まれており、血管拡張作用や毛細血管強化作用もあります。入浴剤として皮膚病等にも用いられてきました。

ドクダミはドクダミ科ドクタミ属の多年草で本州、四国、九州、沖縄および台湾、中国、インドネシアなどに分布し、山野や庭などの湿った日陰に生えます。
薬効が多いので十薬(重薬)と呼ばれ、古くから民間薬として生薬や煎汁を消炎薬として用いたり、外傷、化膿、腫れ物、水虫の患部に用いられてきました。飲用としてドクダミ茶が有名です。
ドクダミの名前の由来は、その特有の臭気により毒が溜まっている(毒溜め)のでは?というところから変化したものと言われています。


※植物抽出液(抽出物)とは、
梅酒作りをイメージしていただくと理解しやすいでしょう。
原料の薬草の葉や根を梅の実、焼酎やブランデーをBGエタノールとしてみてください。梅の風味や成分が焼酎に溶け込むように、BGエタノールに植物の花や葉、根などの有効成分を溶かし込みます。
梅酒は浸けておくだけですが、植物により煮出したり、圧力をかけて絞り出したり、ろ過するなどの工程を経て最適な状態(液体、粉体など)で取り出します。

INCI名:HOUTTUYNIA CORDATA EXTRACT

成分辞典トップ

この成分が配合されている製品