成分辞典

アルブチン

高い美白作用がある成分です。

紫外線やストレスによって皮膚の中で生じたフリーラジカル(活性酸素)によりメラノサイト(メラニン細胞)中では、メラニン生成の原因となる酵素(チロシナーゼ)の働きが活発になります。
その結果、チロシナーゼによってメラノサイト内のチロシンからメラニンが合成され、シミ・ソバカス・日焼けの原因となります。

アルブチンは、チロシナーゼ酵素に直接作用してシミ・ソバカス・日焼けの原因となるメラニンの生成を強力に抑制します。
色素沈着防止、紫外線や日焼けによる皮膚の損傷防止などの作用による優れた美白作用があります。

コケモモ、ウワウルシ等の植物にも含まれる天然型 (β-グルコシド型)の配糖体です。


※フリーラジカル(主に活性酸素)とは、
酸素は通常2つの酸素原子がくっついて酸素分子O2として空気中などに存在します。
その酸素分子に紫外線や電磁波などのエネルギーが加わったりすると、原子状態の酸素(O・)や電子状態が不安定な高いエネルギーを持つ酸素分子(O2・-、HO・)となり、それを「活性酸素」と呼びます。
非常に反応性が高く、生体内では白血球の殺菌作用など多くの生理現象に関与します。有効な作用がある反面、細胞を直接的あるいは間接的に傷つけ、老化の一因をつくります。
フリーラジカルは他の気体分子(チッ素や塩素など)や有機化合物でも発生しますが、老化に係わるフリーラジカルは主に活性酸素となります。

※メラノサイトとは、 メラニンを産生する細胞です。恒温動物の表皮内・毛根・脳軟膜・眼球などに散在します。

メラニン色素とは、
種々の動物の組織内にある褐色ないし黒色の色素です。
一般にフェノール化合物、特にチロシンから黒色素胞およびメラノサイトの中で生合成され、その量により毛髪や皮膚および目の網膜の色が決まります。

INCI名:ARBUTIN

成分辞典トップ

この成分が配合されている製品