スキンケア事典

No.06-01 基本ステップ3「守るケア」

有害な紫外線から肌を守るステップ。

紫外線のパワーは強く、太陽の光の下はもちろん、日陰や屋内などでも思った以上に多く浴びているもの。
紫外線は急激な炎症を引き起こす日焼けや、細胞の損傷など、さまざまなダメージを与えます。
肌老化の80%の原因が紫外線によるものと言われ、肌の紫外線防御機能を担う「メラニン」によって、シミやそばかすが作られ、美容のうえでは大きな問題となります。
また、紫外線で皮脂が酸化すると、ニキビやかぶれなどの炎症を引き起こすこともあります。
肌にダメージをあたえる「紫外線」とは?

これらのトラブルを引き起こす紫外線から肌を守るには、日傘や帽子、衣類などで紫外線をできる限り浴びないようにガードするほか、肌の上で紫外線をカットする日焼け止め化粧品が有効です。
また、美白成分が含まれる化粧品では、浴びた紫外線のダメージを肌の内側で防ぐ機能もあり、化粧品によって健やかな美しい肌をキープすることができます。
日焼け止め・UVの選び方とケア方法

日常生活で浴びた紫外線は日々蓄積され、やがて肌トラブルとなって現れる量になります。
紫外線によるダメージは簡単に受けてしまうけれど、それを修復することはなかなか難しいこと。
毎日のUVケアは単に日焼けを防ぐだけではなく、将来の肌を大きく左右する重要なスキンケアです。
特に紫外線による影響を受けやすい次のような時期は、UVケアを強化するようにします。
・肌あれや乾燥などのトラブルで肌のバリア機能が弱まっている時
・ピーリングなどで古い角質をすっきり落とした日やその翌日
・ストレスがたまって副腎皮質ホルモンが分泌されている時
・女性に限り、生理前や妊娠中の黄体ホルモンが分泌されている時
 → 肌コンディションを左右する「ホルモン」とは?


紫外線から守るアイテム

  • 紫外線による日焼けを肌の外側で防ぐアイテム
    日焼け止め(UVクリーム、UVジェル、UV乳液など)、化粧下地、ファンデーション、フェイスパウダー、リップクリームなど
    サンケア指数「PA」「SPF」の表示がある製品
    日焼け止め製品一覧
  • 紫外線によるダメージを肌の内側で防ぐアイテム
    日焼け止め(UVクリーム、UVジェル、UV乳液など)、化粧水、乳液、美容液、クリームなど
    美白成分が配合されている製品
    ブライトニングケア製品一覧

スキンケア事典トップ

この項目のタグ

  • ニキビ、
  • アンチエイジング、
  • 美白、
  • くすみ・キメ、
  • 敏感肌・ゆらぎ肌、
  • アトピー、
  • シミ、
  • シワ、
  • メラニン、
  • 紫外線、
  • 日焼け止め

スキンケア事典の関連する項目

もっとみる