毛穴  Pores

毛穴について知ることが肌トラブル解決への近道
主な毛穴トラブルには、コルクの栓のように酸化した皮脂の塊(角栓)がつまっている「詰まり毛穴」、その皮脂が汚れて黒くみえる「黒ずみ毛穴」。小鼻に多くみられます。
皮膚が透けるように中心が少し赤くて油がにじんでいるように見える「脂毛穴」。頬に多くみられます。
肌に横から光を当てるとぽつぽつと影が黒く見えるすり鉢状の「開き毛穴」、年齢肌のたるみから毛穴が縦に細長くなって見える「たるみ毛穴、涙型毛穴、しずく型毛穴」。頬などに多くみられます。
いずれも、さらなる肌トラブルを引き起こす原因になります。

毛穴トラブルの主な原因とは?
詰まり毛穴」、「黒ずみ毛穴」、「脂毛穴」はいずれも皮脂の分泌と深い関係があります。
皮脂の分泌が過剰で、かつ皮脂の排出が上手くいかず毛穴の中で酸化してしまうとコルク栓のような「角栓」ができて毛穴を詰まらせます。その角栓に古い皮膚(角質)や汚れが混ざり込み、更に空気に触れる表面が酸化すると黒ずんだ角栓となります。
一方、皮脂の分泌が盛んで肌表面にどんどん出てくるような状態では、毛穴がオイルでにじんだようになってしまいます。肌全体が脂でべたつくようなオイリー肌に多いのが「脂毛穴」です。
このように皮脂が原因でできる毛穴には、皮脂の分泌をコントロールすることが効果的です。

開き毛穴」は乾燥により肌が荒れたり、肌の新陳代謝が上手くいかなくなったり、乾燥による肌荒れやストレス、アクネ菌が皮脂を分解してできる遊離脂肪酸などによって、毛穴周辺の角質層が変形(角化異常)して毛穴周辺が広がっている状態です。 コラーゲン線維はバネのようなコイル状になっていて肌の弾力を担っています。通常、皮膚で作られているのですが、加齢や紫外線、肌荒れ、炎症などにより生成能力が弱まったり、コラーゲン線維の弾力が失われてきます。そうすると肌がたるんでくるため、毛穴が重力に引っ張られて「たるみ毛穴」になります。
たるみ毛穴をそのまま放置していると毛穴の筋が結びついて小ジワとなり、老けて見えるようになります。

毛穴対策と有効なケア方法
詰まり毛穴黒ずみ毛穴脂毛穴には、適切な洗顔や角質ケア、皮脂分泌のコントロールが必要です。
皮脂の排出を促すためには汗をかくことも有効です。定期的なスポーツやサウナで汗を多く出す事により、酸化された皮脂が排出されやすくなり、毛穴に詰まりにくくなります。身体の代謝も良くなるので肌以外にも良い効果があります。
角栓は鼻パックや器具などで押し出すなど直接取ってしまう方法もあります。ただ、やり過ぎると肌を傷める事にもなりかねませんので注意が必要です。
化粧品として最初にするべきは、メイクや皮脂汚れをきちんと落とす事です。「セラ クレンジングミルク」は摩擦による肌への負担が少ないミルクタイプでメイクを落とします。さらに、皮脂コントロールに優れた成分のビタミンC誘導体で皮脂の分泌を抑えると徐々に毛穴が小さくなっていきます。「セラ VCローション」はオイリー肌のテカりも抑え、脂のにじんだ毛穴も解消していきます。

開いた毛穴たるみ毛穴は角質ケア、コラーゲンケア、保湿ケアが必要です。
肌荒れなどから引き起こされる角化異常となった肌を元の状態に戻すためには、まず古い角質を取り除き、新陳代謝の正常化を目指します。
皮膚科処方のピーリングが行える「セラ MDピーリングキット」は、角質剥離(ピーリング)作用のあるグリコール酸を12%配合し、週に一度行うだけで荒れた肌の古い角質をきれいに取り去ります。新しい角質が現れた肌は、キメが整い化粧水などの有効成分がより浸透しやすくなります。
さらに、開いた毛穴を引き締めるために「収れん作用」のある成分を取り入れます。「ユウラ ストレーテストトナー I」のチャ葉エキスはカフェインやタンニンなどのポリフェノールを豊富に含み毛穴を引き締めつつ、肌の弾力(コラーゲン線維)を作り出すように働きかけます。
開いた毛穴からたるみ毛穴に発展させないためにも、また、たるみ毛穴になってしまったら、保湿とコラーゲン対策を積極的に取り入れましょう。
ビタミンCにはコラーゲンの生成を促進する作用もあり、特にピュアビタミンCは浸透作用が強く、コラーゲン線維の産生に直接働きかけます。「ユウラ ストレーテストセラム」はピュアビタミンCを10%と高配合した特別な美容液。外部からも水分を取り込むモイスチュアキャッチ効果もあわせ持つため、十分な保湿力でインナードライにも届き、肌荒れを防止しながら肌の弾力の回復に働きかけます。
また、加齢による肌のたるみには表情筋を鍛えるのも有効です。口角をあげるように表情を作ったり、力をかけないでやさしくマッサージするなど、毎日少しずつでも続けることが違いにつながります。

毛穴に効果的な製品(人気順)