成分辞典

アスコルビン酸

一般的にビタミンCと呼ばれる成分です。
非常に分解しやすく水に溶かすと時間と共に活性を失っていきます。
この分解しやすいビタミンCを分解しにくい処方で配合したのがユウラ ストレーテストセラムです。

主に4つの作用があります。
・抗酸化作用(美白作用・アンチエイジング作用・ニキビケア)
メラニン色素生成抑制作用、メラニン色素の還元(無色化)作用(シミくすみ対策、美白作用・ニキビ跡ケア)
・コラーゲンの生成促進(アンチエイジング作用、ニキビ跡ケア、傷ケア)
・皮脂の分泌抑制作用(ニキビケア)

・抗酸化作用(ニキビケア・美白作用・アンチエイジング作用)
紫外線やストレスなどにより発生した活性酸素は肌を攻撃するために炎症が引き起こされます。
ビタミンCには、紫外線などによって発生する活性酸素を消去することにより、炎症の沈静化を促進します。酸化された皮脂などを還元する抗酸化作用があります。

メラニン色素生成抑制作用、メラニン色素の還元(無色化)作用(シミくすみ対策、美白作用・ニキビ跡ケア)
活性酸素はメラノサイト(メラニン細胞)中のチロシナーゼ酵素を活性化させます。活性化したチロシナーゼはメラニン色素生成を促進することにより、シミやソバカスを作り出します。
ビタミンCには、チロシナーゼ酵素の活性化を抑える作用がありメラニン色素を少なくすると同時に、黒色メラニン色素を還元して無色化する美白作用があります。

・コラーゲンの生成促進(アンチエイジング作用、ニキビ跡ケア、傷ケア)
紫外線によりコラーゲン線維やエラスチンなどがダメージを受けて肌の弾力が衰えてきます。
ビタミンCはタンパク質(コラーゲン線維)合成の時の立体構造を作り出すのに必要な成分で、肌の弾力アップには欠かせません。
また、ニキビや創傷の回復が早くなります。陥没したニキビ跡ケアにもお勧めの成分です。

・皮脂の分泌抑制作用(ニキビケア)
ニキビの原因の一つと言われる過剰な皮脂の分泌を抑える作用があり、肌のテカりやニキビを防ぎます。


サプリメントなどの食用として摂取した時の主な作用は、
・鉄分の吸収を高める
・壊血病の予防。身体の免疫力を高めるため、一般的な病気の予防。
・傷、火傷などの傷病の治りを早くする。
・体内のコラーゲン産生を高め、血管や筋肉、骨を強くする。
などがあります。
また、食品の酸化防止剤としても良く利用されます。

一般名、別名:ビタミンC
INCI名:ASCORBIC ACID

成分辞典トップ

この成分が配合されている製品

この項目のタグ

  • アンチエイジング、
  • 美白、
  • くすみ・キメ、
  • 抗酸化、
  • 抗炎症、
  • シミ、
  • シワ、
  • メラニン、
  • ビタミンC