成分辞典

パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na

ビタミンC誘導体の一つで「高浸透ビタミンC誘導体(APPS、別名:アプレシエ)」とも呼ばれます。
リン酸型ビタミンC誘導体にパルミチン酸を付加することにより、親油性を付与した新しい水溶性ビタミンC誘導体です。親油性が付与された結果、細胞膜へ直接作用し、細胞内へ浸透することが可能となりました。

他のビタミンC誘導体(アスコルビルグルコシド)に比べ、最高で100倍もの皮膚浸透力を持ち、ビタミンCへの変換率に優れ、皮脂分泌抑制作用(ニキビケア)に加え、コラーゲン生成促進作用がより強くなりアンチエイジング(抗シワ)作用も期待できます。
水溶性ビタミンC誘導体に比べ、より低刺激な成分です。

主に4つの作用があります。
コラーゲンの生成促進(アンチエイジング作用、ニキビ跡ケア、傷ケア)
・抗酸化作用(ニキビケア・美白作用・アンチエイジング作用)
メラニン色素生成抑制作用、メラニン色素の還元(無色化)作用(シミくすみ対策、美白作用・ニキビ跡ケア)
・皮脂の分泌抑制作用(ニキビケア)


コラーゲンの生成促進(アンチエイジング作用、ニキビ跡ケア、傷ケア)
ビタミンCはタンパク質(コラーゲン線維)合成の時の立体構造を作り出すのに必要な成分で、肌の弾力アップには欠かせません。 ニキビや創傷の回復が早くなります。陥没したニキビ跡ケアにもおすすめです。
また、コラーゲン分解酵素抑制効果にも優れるため、シワができにくくなります。

・抗酸化作用(ニキビケア・美白作用・アンチエイジング作用)
アクネ菌から出るポルフィリンという物質に紫外線が当たると活性酸素が発生します。その活性酸素は皮脂を酸化して角栓(コメド)の元になり毛穴を詰まらせ、ニキビの原因となります。
また、活性酸素は肌を攻撃するために炎症が引き起こされ、赤く腫れたニキビができやすくなります。
ビタミンCには、紫外線や肌の炎症によって発生する活性酸素を消去したり、酸化された皮脂などを還元する抗酸化作用(SOD様活性)があります。

メラニン色素生成抑制作用、メラニン色素の還元(無色化)作用(シミくすみ対策、美白作用・ニキビ跡ケア)
活性酸素はメラノサイト(メラニン細胞)中のチロシナーゼ酵素を活性化させます。活性化したチロシナーゼはメラニン色素生成を促進することにより、シミやソバカスを作り出します。
ビタミンCには、チロシナーゼ酵素の活性化を抑える作用がありメラニン色素を少なくすると同時に、黒色メラニン色素を還元して無色化する美白作用があります。

・皮脂の分泌抑制作用(ニキビケア)
ニキビの原因の一つと言われる過剰な皮脂の分泌を抑えることにより肌のテカりやニキビを防ぎます。
セラ リニューイングソリューションAP+には、このAPPSを2%配合して、水溶性ビタミンC誘導体に比べて作用は穏やかですが、ニキビ用として使用しています。


SOD様活性とは、
SODはスーパーオキシドディムスターゼ(Superoxide dismutase)と言う酵素の名称で、活性酸素を酸素と過酸化水素へ分解する作用があります。 SODと言う酵素と同じような活性酸素を消去する作用があることをいいます。

※フリーラジカル(主に活性酸素)とは、
酸素は通常2つの酸素原子がくっついて酸素分子O2として空気中などに存在します。
その酸素分子に紫外線や電磁波などのエネルギーが加わったりすると、原子状態の酸素(O・)や電子状態が不安定な高いエネルギーを持つ酸素分子(O2・-、HO・)となり、それを活性酸素と呼びます。
非常に反応性が高く、生体内では白血球の殺菌作用など多くの生理現象に関与します。有効な作用がある反面、細胞を直接的あるいは間接的に傷つけ、老化の一因をつくります。
フリーラジカルは他の気体分子(チッ素や塩素など)や有機化合物でも発生しますが、老化に係わるフリーラジカルは主に活性酸素となります。

一般名、別名:アプレシエ
INCI名:TRISODIUM ASCORBYL PALMITATE PHOSPHATE

成分辞典トップ

この成分が配合されている製品

この項目のタグ

  • ニキビ、
  • アンチエイジング、
  • 美白、
  • 敏感肌・ゆらぎ肌、
  • 保湿、
  • 抗酸化、
  • 乾燥肌、
  • 低刺激、
  • シミ、
  • メラニン、
  • ニキビ跡、
  • ビタミンC誘導体